花粉症のアレルギー対策は×××がオススメ!

スポンサーリンク

2016年の花粉飛散予測によりますと、今年は例年より飛散時期が早まり、しかも飛散量が多いそうです。

いつもにも増して、念入りな花粉症対策を取る必要がありそうですね。

allergy

花粉症対策は“早め”がポイント!

花粉症対策では早めに動くことが肝心です。

飛散し始めてからは効果が薄いです。

治療法や薬の種類にもよりますが、2週間程度前倒しで薬を飲みはじめると花粉量がピークのときに、最も効果を得られます。

そのほか、アロマテラピーやヨーグルトなどで花粉症の症状を抑える方法がありますが、これらはかなり根気良く続けないと効果が期待できません。

即効性はないので、薬などの効果がすぐ出る治療法と併用して行うといいでしょう。

花粉の飛散状況や予報をよく見て、早めに対策を取るように動きましょう。

スポンサーリンク

▶︎花粉アレルギーで顔や首が痒い!オススメの対策グッズは?

花粉を持ち込まない対策!

アレルギーに対する最も良い対策はアレルギーの原因になる物質を遠ざけることです。

花粉と接する時間をできる限り少なくするために、室内に持ち込まないようにする必要があります。

花粉が飛散する時間帯は地域差もありますが、午後1時~午後3時が最も多くなります。

できるだけ、この時間帯は屋内で過ごすようにしましょう。

そして出かける必要があるときは眼鏡やマスクだけでなく、帽子とスカーフもいっしょにつけるのがおススメです。

帽子は髪に付着する花粉を防いでくれますし、スカーフやマフラーで首を保護することで花粉が服の中に入ってくるのを防いでくれます。

帰宅するときには、帽子、スカーフ(マフラーなど)、上着は玄関先でいったん脱いで、きちんと払ってから家の中に入りましょう。

それから、家の中では部屋着に着替えるようにしましょう。

なるべく空気清浄機をつけるようにして、こまめに部屋を掃除するように心がけると、室内に花粉を持ち込まずに済みます。

特に寝具周りはいつも以上に清潔を心がけてください。

また、ストレスをため込んだり乱れた生活リズムはアレルギー症状を悪化させます。

喫煙や飲酒も花粉の季節には、できるだけ控えた方がいいでしょう。

▶︎花粉アレルギーでなぜ肌荒れが起こるのか?対策は×××がオススメ!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ