腸内環境を改善すると花粉症予防になるのは本当?

スポンサーリンク

だんだんと春を感じさせてくれるようになるこの季節。

春になると花見やら楽しい事も増えていきますし、新生活のスタート時期でもあります。

しかし、この時期になると純粋に季節を楽しみむことが出来ない人も大勢居ます。

その方たちは「花粉症」の人達です。せっかくにお春なのに、花粉症の症状のせいで辛く、体がスッキリしない状態が続くので、花見どころでは無かったりしますよね。

そんな中、最近、巷で良く聞く「腸内環境」ですが、この「腸内環境」を良くすると花粉症の症状にも改善がみられたり予防に繋がるとか。

それらは本当なのでしょうか?

kafun

花粉症と腸内環境は関係あるのか?

現代、花粉症患者は国民全体の4分の1くらいを占めていると言われています。

これは病気としてはかなり深刻な状況と言えるでしょう。

学会での見解としては、これだけ花粉症患者が増えている状況の原因は、現代人が、抗生物質などの摂取が多くなったこと、食生活などの私生活の変化によって、腸内環境が変化してしまったからでは?との見解があります。

本来、花粉症は免疫細胞の暴走によって、花粉を体の敵とみなして総攻撃を起こすことが原因です。

この体の要になっている免疫細胞の正常化が鍵になるのかもしれません。

そうなると、免疫をつかさどっていると言われている腸内環境を正常化することは、花粉症にとって効果が期待できると考えてもおかしくないと思います。

スポンサーリンク
[ad#ad-1

▶︎スギ花粉皮膚炎の症状!肌を守る為のするべき事は?

腸内環境を整えて花粉症予防を

花粉症予防に効果的なものは、腸内環境を良い状態に変えてくれる食材を取る事です。

発酵食品でいうと、ヨーグルト、納豆、味噌、ぬか漬けなどが代表的です。

ちなみに日本人は味噌などの発酵食品が腸に馴染みやすいみたいです。

キムチなども発酵食品ですが、味噌のほうが吸収率が良いそうです。

そして、次に食物繊維も大事です。海藻類などを取り入れて、便通を良くして、腸内環境を良くしましょう。

基本的には欧米食ではなく、日本食がお勧めです。

私生活の環境も腸内環境には影響を及ぼします。

規則正しい生活にし、ストレスなどを溜め込まず、適度な運動を心がけましょう。

▶︎スギ花粉対策!原因となる杉と花粉対処法は?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ