花粉症の頭痛にはアレグラが効果的なのか?

スポンサーリンク

花粉症の薬として有名なものにアレグラ錠があります。

現在、市販薬としても発売されているアレグラ錠ですが、花粉症で起こる頭痛にも効果的なのでしょうか。

aregura

アレグラ錠の効果はどんなもの?

アレグラ錠の効果はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみに効果があります。

しかし、頭痛を直接緩和してくれる効果はありません。

アレグラ錠は抗ヒスタミン薬のひとつで、アレルギー反応に関係するヒスタミンが受容体に結合しないように働きます。

免疫反応を起こさくできるため、くしゃみや鼻水が止まるわけです。

アレグラ錠は抗ヒスタミン薬の中でも新しいもので、副作用が少ないといわれます。

特に、これまで抗ヒスタミン薬の副作用として挙げられていた眠気と口の渇きがかなり緩和されています。

その一方で、頭痛や吐き気を訴える人もいます。

こればかりは個人の薬の相性もあるので何とも言えませんが、頭痛や吐き気がある場合は使用をやめて医師に相談した方がいいでしょう。

▶︎花粉アレルギー種類は?時期によって違う花粉症について

アレグラで頭痛を和らげることはできないのか

頭痛を和らげるどころか副作用で頭痛が起きるかもしれないわけですが、ではまったく頭痛に効果が期待できないかというとそうではありません。

たとえば、花粉症で起きる頭痛の原因には鼻腔の炎症が考えられます。

アレルギー反応が起きると鼻の粘膜が充血し腫れるようになります。

こうなると自然と鼻の穴が詰まってしまって、呼吸がしにくくなります。

脳に酸素が送られにくくなり、軽い酸欠状態で頭痛が起きると考えられます。

このような、鼻水からくる頭痛にはアレグラ錠で鼻水を止めることで改善することがあります。

また、鼻水をかみすぎると、鼻の奥にある副鼻腔炎が炎症を起こし、頭痛に発展することがあります。

この場合でも、アレグラ錠で間接的に頭痛を緩和することができるでしょう。

ただし、本格的に副鼻腔炎を発症すると慢性的に膿が溜まるようになり、花粉症にかかわらず頭痛や鼻水に悩まされることになります。

この場合は、アレグラ錠は効果がないので、耳鼻科を受診しましょう。

▶︎花粉症のアレルギー対策は×××がオススメ!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ