2016年の花粉情報!いつからどのくらい飛散するのか?花粉症対策として実践したい5つのこと!

pollinosis

寒さが多少とも緩み始めた頃、梅がほころびるより先に開花してしまうのが、スギの花。

スギの枝先が茶色くなり、おぞけを振るう人は、少なくないことでしょう。

しつこい鼻水や目の痒みに悩まされる花粉症は、迷惑千万な春の証しです。

2016年の花粉の飛散状況は、どのように予想されているでしょうか?花粉症対策もおさらいしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

花粉の飛散量は平年並みの地域が多い

春先の花粉症で問題になるのは、北海道を除く地域では、スギとヒノキ。

スギ花粉、ヒノキ花粉の飛散量は、東北地方では例年並みかやや多いと予測されていますが、その他の地域では例年並みか例年を下回るだろうと考えられています。

花粉の飛散量は、前の年の夏の気温と日照時間が影響していることが指摘されています。

夏の気温が高く、日照時間が長いと、花粉の飛散量は多くなります。

冷夏で、日照時間が短いと、花粉の飛散量は少なくなります。

2015年の夏は、北日本・東日本と、西日本で天候が分かれました。

7月下旬から8月上旬にかけての気温は、東北地方や関東甲信地方で、平年より高くなりました。

近畿地方から西では、平年より低く、西日本は2年連続の冷夏となりました。

日照時間は、北海道・東北地方・北陸地方・関東甲信地方は、ほぼ平年並み。東海地方から西の地域では少なく、西日本の太平洋側では特に少なくなりました。

同地域で多かったのは、降水量。西日本の太平洋側では、雨の多い夏になりました。

そのため、四国地方や九州地方では、例年に比べてかなり花粉の飛散量が少ないと予想されています。

ただし、前シーズンと比べると、関東甲信地方よりも西の地域では、前シーズン並みか多くなる見込みとされています。

 

スポンサーリンク

▶︎12月に花粉症の症状が出るのは危険信号?理由は×××だから!

 

全国的なピークはスギ花粉が2月中旬から3月下旬まで

飛散開始は、例年並みかやや早めと予想されています。

花粉の飛散を左右するのは、2月から3月の気温。

西日本と東日本は例年より高く、北日本では例年並みとなる見込みです。

そのため、スギ花粉が飛散を始めるのは、北日本では例年並み、西日本と東日本では、少し早くなると見られています。

細かく見ていくと、九州・四国・東海地方では2月上旬、関西・関東では2月中旬、東北では2月下旬に花粉シーズンに入ると予想されています。

ピークは、九州では2月下旬から3月上旬、関西・関東では3月上旬から中旬、東北では3月中旬から下旬に、スギ花粉の飛散がピークを迎えると見られています。

ちなみに、ヒノキ花粉のピークは、九州では3月下旬、関西・関東では4月上旬から中旬と見込まれます。

 

▶︎花粉症による頭痛!こめかみが痛い…ロキソニンで対応は可能?

 

花粉症対策として実践したい5つのこと

1.マスクを着用する。

マスクを使用すると、吸い込む花粉の量が約3分の1から6分の1に減らすことができると言われています。

鼻の症状が気になる人にオススメです。

2.メガネをかける。

効果が高い花粉症用のメガネは、大げさな感じがしてためらうという人は、普通のメガネでも構いません。

普通のメガネでも、使用すると、目に入る花粉の量を約3分の1に抑えることができるとされています。

3.花粉が付着しにくい素材の服を選ぶ。

外出する時の服装でも、持ち込む花粉の量は変わります。

ウールなどの素材は花粉が付着しやすく、綿や化学繊維は花粉が付着しにくいと言われています。

4.外出から帰ってきたら、まずはうがいをする。

鼻から吸い込んだ花粉は、粘膜の働きで喉の方へ送られていきます。

花粉が飛散する時期に喉がイガイガするのは、花粉のせいです。

うがいをして、花粉を除きましょう。

5.換気の仕方に注意。

窓を開け放つと、大量の花粉が入ってきます。窓を開けるのは幅10センチ程度にし、レースのカーテンを使用するようにしましょう。

侵入する花粉の量を約4分の1に減らすことができます。

 

▶︎花粉症予防対策に効く食べ物や食事は何?ヨーグルトが効くって本当?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ