花粉症の原因と症状!10月11月の秋の花粉状況と2014年の花粉について

花粉症というイメージは、
春から初夏にかけての、
杉や桧の花粉が一般的に知られていると思います。

毎年症状が悪化していく人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

花粉症について

花粉症とは、
例えば杉や桧や季節の花等の植物の花粉が、
人間の鼻の粘膜に付く事によって、
くしゃみ・鼻水・目の痒み等の症状を引き起こす
アレルギー症状の事を言います。

マスクとティッシュ

「季節性アレルギー性鼻炎」とも言われているようです。

世の中には1年中、
花粉症のような症状が
続いている人も多くなりました。

大気汚染による
アレルギー反応が出てしまう人もいます。

特に中国の大気汚染は
酷くて影響が心配されていますね。

10月から11月にかけては、
秋の花粉症という症状が
出てしまう人がいます。

原因のひとつに、
杉と桧の花粉があげられます。

春から初夏にかけて
飛散すると思われていますが、
実際には少量の花粉が
1年中飛んでいる状況です。

1度花粉症になってしまうと、
完治する事はありません。

治療で症状の改善は出来ますが、
治ってしまわないのがアレルギーです。

また秋の花粉として代表的なのは、
稲の花粉でもあります。

スポンサーリンク

稲や栗の花粉について

稲の収穫時期になると、
長期間くしゃみや鼻水が
止まらない状態が続くケースも多くなっています。

そして栗の花の花粉は、
非常にアレルギー性が高い事でも
知られるようになりました。

2014年度の花粉の飛散状況は、
多めであると発表されていますが、
年間を通して、
去年より多くなっていると思います。

その為、毎年よりも
症状が長く続いた人も多いと思います。

近年は天候が
非常に不安定であるという気象情報もあり、
花粉飛散時期のピークも長く続いたり、
極端に短かったりという状況にあります。

天気にも左右されてしまうのが花粉症の特徴です。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ