大人の風疹は子供よりも怖い?症状はかゆみの他にあるのか?

風疹とは
三日ばしかと呼ばれる病気であり、
風疹ウイルスに
感染することによって発症します。

基本的に軽症であり、
はしかよりも症状が続く期間が
短いのが特徴となっています。

 

スポンサーリンク

 

風疹の症状について

 

妊娠初期の女性が
三日ばしかになってしまうと、
赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまいます。

飛沫感染するのですが、
感染力はそれほど強くはありません。

感染してから
2週間から3週間程度は
潜伏期間となっています。

発熱するようになり、
全身に発疹が現れるようになります。

 

prévention contre la rubéole et les oreillons,vaccinations

しかし、
三日程度で発疹は消失します。

これが三日ばしかと
呼ばれる理由となっています。

発熱に関しては高熱になることは少なく、
微熱程度にしかならないことも多いです。

リンパ節が腫れることがある点も特徴となっています。

スポンサーリンク

 

風疹にかかった場合の対処法

 

成人に関しては
関節炎が生じてしまうことがありますが、
一過性のものです。

大人が風疹にかかってしまうと
重症化してしまうことが多いため気をつけましょう。

通常は数日以内に治る病気なのですが、
急性脳炎や血小板減少性紫斑病などが
併発してしまうこともあります。

きちんとワクチン接種を
受けていれば感染することはありません。

万が一、
風疹にかかってしまった場合には
対症療法を続けることになります。

解熱鎮痛薬を用いることによって、
発熱や関節炎を抑えます。

もし自分が風疹にかかっている
恐れがあると思ったならば、
すぐに病院へ行きましょう。

内科かあるいは皮膚科を受診すれば、
専門的な診断をしてくれます。

検査室診断をすることが多く、
確定診断をすることによって、
別の病気との区別をつける必要があります。

どのような症状が出るのかには個人差があるため、
症状が軽いままで治ることもあります。

きちんと安静にして、
症状が治まるのを待つべきでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ