胃腸風邪になった場合の食事はいつから普通にして大丈夫なのか?

cold

冬場に本番を迎える恐ろしい病気の一つに胃腸風邪があります。

胃腸風邪になると食事もまともに食べれなくなり非常に辛いですよね。

衰弱した体を見て、ついつい早く良くなるには精をつけなければという気持ちがよぎる方も多いと思いますが、胃腸炎に限っては食事に関してはとても繊細なようで、与えてよい段階、与えてよい種類があるようです。

では、食事はいつくらいから普通に食事をして良いのでしょうか?

スポンサーリンク

胃腸風邪の段階で食事は見極めること

胃腸風邪はその名のごとく、胃腸がダメージを負っています。

ということは、胃に負担の掛かるものを与えたところで、むしろ逆効果となってしまい、病状を悪化させてしまいます。

ですのでどれだけ胃に負担を掛けないで徐々に胃を本来の状態に戻していくかが重要になってきます。

まず、嘔吐を繰り返している段階での食事はNGです。

胃が食べ物を受け付けません。

いくら食べても戻すだけです。

嘔吐をして居る状態は胃の中が空になるとスッキリしてくるので、胃の中に食べ斧をまた入れてしまったら、またさらに気持ち悪くなります。

嘔吐などが収まってきた後に、食欲が沸いてきたからといって、まだ油断は出来ません。

この段階でも精の付くがっつり系は、絶対にNGです。

バナナやヨーグルト、などで徐々に胃をならし、その後、症状が安定してきたらおかゆやスープなどで慣らして行きましょう。

やわらかく煮込んだ消化の良いうどんもお勧めです。

スポンサーリンク

▶︎子供の胃腸風邪症状は?下痢はなしで熱や頭痛がおこる?

胃腸風邪いつからが普通食で良いのか?

徐々に胃を慣らしていった後にいつからが普通に食事が出来るかと言うと、症状によって判断していきます。

まず、下痢や嘔吐が完全になくなっていることや、胃腸の痛みがなくなっている、食欲事態が完全に戻っている、お腹もゴロゴロ感がない、などの状態が確認出来たら、普通食に戻して良いでしょう。

胃腸はとても繊細です。

症状が残って居るうちは、胃腸に優しい食べ物で改善を図るように心がけましょう。

▶︎子供の胃腸風邪が親にもうつるのか?どの位の期間気をつけるべき?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ