風疹の予防接種後の避妊期間は2ヶ月以上!ゴムの避妊で問題ない?

風疹は妊娠をしようとしている方にとっては
とても怖い病気です。

なぜならば、
お腹の中にいる子供に影響を与えてしまう
可能性があるからです。

 

スポンサーリンク

 

母体への影響は?

妊娠中に妊婦が風疹にかかってしまうと、
それが胎児に悪影響を与えてしまうのです。

風疹のせいで
奇形児が生まれてしまうことになり、
子供は生まれてから色々な点で
苦しんでしまいます。

 

妊娠検査薬を使う女性 不妊 

 

そのような悲しい出来事が
起きないようにするためには、
妊娠をするためにきちんと
予防接種を受けておくことが必要です。

風疹はワクチンを
接種していれば感染することはありません。

体の中に抗体があれば、
たとえ体内に風疹の
ウイルスが侵入してきたとしても、
すぐに死滅させることができます。

風疹ワクチンを接種する際には、
その後2ヶ月は避妊が必要であるとされています。

風疹ウイルスの
ワクチンを接種することによって、
母体がウイルスに感染してしまう可能性はあります。

ワクチンとして用いられる
ウイルスは人間にとって害のないものであり、
ワクチン接種により影響が生じたという報告はありません。

しかし、
絶対に安全であるといいきれるわけではないため、
予防接種を受けた後には
しばらくの間は妊娠を避ける事が推奨されているのです。

 

スポンサーリンク

 

避妊について

避妊に関しては基本的には
コンドームを使用して
性行為をしていれば大丈夫でしょう。

もちろん、
コンドームだからといって
絶対に安心であるというわけではないです。

しかし、
本当に100%避妊を
成功させるような方法は存在しません。

したがって、
極端なことをいえば、
性行為をしないのが
一番良い避妊法であるといえます。

安全な妊娠を
望む方は予防接種を受けた後には
しばらく性行為を控えるようにしましょう。

そうすれば妊娠してしまうことはありません。

風疹の影響を受けずに元気な赤ちゃんを産みましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ