風疹の予防接種後の避妊期間は?1ヶ月〜3ヶ月!2回生理だとOK!

風疹は症状はあまり酷くならない病気のため、
たとえ感染したとしても悲観的になる必要はありません。

三日ばしかと呼ばれることのある病気であり、
すぐに治ります。

スポンサーリンク

妊婦の風疹の怖さ

 

妊娠中の女性が風疹にかかってしまうと、
色々な問題が生じる可能性があります。

風疹によって、
胎児に影響を与えてしまい、
難聴になってしまったり、
その他色々な奇形が生じることがあるからです。

そのようなリスクを
避けるためには母親が妊娠をする前に
きちんと予防接種を受けて、
風疹予防をしておくことが必要となります。

 

妊娠中の女性

 

風疹の予防接種を受けるということは
体内に風疹のウイルスを弱らせて無毒化したものを
入れることになります。

基本的にワクチン接種をしたとしても、
副作用が生じたり、
風疹にかかってしまうことはありません。

その点では安心できるのですが、
風疹ワクチンを接種した後に妊娠してしまうと、
ひょっとしたら胎児に影響が出る
可能性があるかもしれません。

これまでのところは
風疹ワクチンを摂取したことにより
妊娠中の胎児に影響が出たという報告はありません。

しかし、
万が一のことを考えるならば、
予防接種後に一ヶ月から
三ヶ月の間は避妊をするとよいでしょう。

目安としては生理が2回来るぐらいの期間をあけておくべきです。

 

スポンサーリンク

 

元気な赤ちゃんを出産するには?

風疹の予防接種を受けたことがない方、
受けたかどうかあやふやな方は
すぐにでもワクチン接種をしましょう。

それによって安心できる状態で妊娠をして、
元気な赤ちゃんを産みましょう。

予防接種をしないせいで
赤ちゃんに影響を与えてしまうのは
とても悲しいことです。

きちんと事前に
回避できるリスクは
きちんと対処をしておくべきでしょう。

これから子供を産みたいと考えている方は
風疹のリスクをちゃんと理解してください。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ