子供の胃腸風邪が親にもうつるのか?どの位の期間気をつけるべき?

子供の体調不良の原因の中に、親が警戒しなければならない部類の1つに胃腸風邪があります。

普通の風邪と違い、胃腸風邪になると嘔吐をするので、汚物などから二次感染の恐れが非常に高くなるために、看病をする親も気をつけなければなりません。

そもそも、子供の胃腸風邪が大人にも移ってしまう恐れが本当に有るのでしょうか?そうだとしても、二次感染を予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

胃腸風邪とは?大人にもうつるの?

coldtake

胃腸風邪は、ウイルス性の胃腸炎という言葉が正式な名称になります。細菌やウイルス、寄生虫などにより起こる病気です。

冬の時期に流行したりするものはウイルス性のものが非常に多く、有名な「ノロウイルス」「ロタウイルス」もその部類です。

ロタウイルス」は子供に掛かりやすいと言われていますが。

「ノロウイルス」は子供、大人関係なく感染して胃腸炎を起こすので、非常に警戒しなければなりません。

 

スポンサーリンク

▶︎子どもの胃腸風邪の嘔吐や腹痛はどの位の期間続くのか?

 

胃腸風邪の潜伏期間は、気をつけなければいけない期間は?

胃腸風邪は、その元となる感染した種類によって異なります。

例えば、「ノロウイルス」の場合は症状としては微熱、下痢、嘔吐、腹痛が起こりますが、とにかく初期は微熱が生じ、胃の中の物を全て吐いてしまう位の辛い状態が起こります。

食べてもすぐに吐いてしまうので、食べさせることより水分補給して経過を見守りましょう。

その後、下痢などの症状が起こります。

潜伏期間は2日程度ですが、完治するまでは1週間くらいは掛かります。

下痢や嘔吐がある段階は二次感染の可能性が大きいので、マスクや手袋など、汚物などを処理する際はくれぐれも気をつけなければいけません。

「ロタウイルス」の場合は熱が高熱になる場合が非常に多く、嘔吐や下痢も繰り返します。

嘔吐は胃の中がスッキリしてくれば収まってきますが、下痢の症状は長引きます。

脱水症状の恐れがあるので水分補給を心がけましょう。

潜伏期間は3日くらいです。

完治するまでには1週間かかります。

胃腸風邪は大人も感染してしまうと非常に辛いものです。

自分の子供が感染したら、十分に気をつけて対処しましょう。

▶︎風邪のひき始めに栄養ドリンクや葛根湯を飲んでも効果はないのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ