子どもの胃腸風邪の嘔吐や腹痛はどの位の期間続くのか?

冬本番になると気になるのは、インフルエンザや胃腸風邪のような病気ですよね?

学校や幼稚園でも流行してしまいがちなので非常に警戒が必要です。

胃腸風邪は下痢や嘔吐を伴うために、二次感染リスクが多いために特に汚物を処理する側は気をつけなければなりません。

胃腸風邪には種類により時期は異なりますが、ある共通の段階があります。

これらを把握していると安心して処置を行うことが出来ます。

では、厄介な嘔吐や下痢はどのくらい続くのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

胃腸風邪の潜伏期間とは?

cold

胃腸炎には種類があります。細菌感染やウイルス感染などです。

例えば「ノロウイルス」「ロタウイルス」、などはウイルス感染の代表です。

冬場に流行しやすいのはウイルス性の胃腸風邪です。

感染したウイルスによって、潜伏期間も症状も違ってきます。

「ロタウイルス」は潜伏期間は3日程度で下痢や嘔吐、腹痛が主な症状です。

「ノロウイルス」は潜伏期間は2日以内で、下痢や嘔吐、腹痛、発熱も起こります。

完治するまでにはどれも1週間くらいは掛かってしまいますでの、それまでの食事などは注意が必要です。

 

スポンサーリンク

▶︎赤ちゃんや子供の鼻風邪の治し方や対応は意外なアレだった!?

 

下痢や嘔吐の期間は食事内容に気をつけましょう

嘔吐や下痢が続いている期間は、固形の食事はNGです。

脱水症状予防に水分補給でしのぎましょう。

水分補給はポカリスウェットなどの体に浸透しやすいものが好ましいです。

ポイントはこまめに水分補給をすることです。

1時間にコップ1杯が理想です。

胃腸風邪が完治していない段階では、胃腸はまだ完全には復活していません。

ヨーグルトやおかゆやうどんなど、胃に優しい食べ物を食べていき、徐々に慣らしていくことが大切です。

完治するまでには食事の中で食べてはならないものもあります。

肉や魚など、香辛料、脂っこいもの、柑橘系のものは避けましょう。

胃腸に痛みが無く、下痢や嘔吐もなくなってから普通の食事に戻していきましょう。

 

▶︎風邪のひき始めに栄養ドリンクや葛根湯を飲んでも効果はないのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ