風邪による喉の痛み!喉に良い食べ物と飲み物のまとめ

スポンサーリンク

寒暖の差が激しくなると、風邪をひきやすくなります。

喉の痛みから風邪が始まり、熱が下がっても、喉だけがしつこく痛むという事はありませんか?

風邪薬を飲みたくても、妊娠中は、薬を飲むのをためらってしまいます。

また、幼児だと、薬が飲めない事もあります。

風邪による喉の痛みに悩まされる時、どんな食べ物や飲み物が良いでしょうか?

kaze

辛味成分が殺菌作用を持つ生姜!血行も良くなって悪寒に悩まされる時もオススメ

生姜湯としても馴染みの深い生姜。風邪で喉の痛みがある時、ぜひ利用したい食べ物です。

辛味成分のジンゲロールが、有効な殺菌作用を持ちます。

また、生姜には、血行促進効果もあります。

身体の末端を温めてくれるので、悪寒がする時、食べると効果的です。

オススメの食べ方は、レンコン生姜湯。レンコンに含まれるタンニンには、喉の腫れや咳を改善する働きがあります。

レンコンのおろし汁と生姜汁を小鍋で温め、しょう油や塩で味付けし、アツアツをいただきます。

→胃腸風邪になった子どもの食事にオススメは果物・バナナ・うどん!?

汁に特に効果がある大根!懐かしの味が喉に効く

大根には、消炎作用があります。炎症を緩和して、喉の痛みを緩和してくれる食べ物です。

特に、汁に効果があるとされています。大根おろしにして食べましょう。

先っぽは辛味があるので、葉っぱに近い方がオススメです。

大根とハチミツで簡単に作れる大根飴は、喉の痛みに抜群の効果がある食べ物です。

短冊に切った大根に、ハチミツをひたひたにかけて、汁が出たら飲みます。

ハチミツにも、殺菌作用があります。

ただし、ハチミツは、1歳未満の乳児には与えてはいけません。注意してください。

スポンサーリンク

→風邪とインフルエンザの違い!初期症状で気づく2つのポイント

生で食べたい玉ねぎと煮汁を食べたい黒豆

玉ねぎは、アリル酸が喉を殺菌して、炎症を鎮めます。

生で食べるのが一番効果的です。

スライスした玉ねぎを1本、口に入れ、飴代わりに舐めましょう。

じわじわとエキスが喉に広がります。

黒豆は、アントシアニンに去痰作用があります。

砂糖を適量加えて、コトコト煮ましょう。

煮汁が特に効果があるとされています。

ただし、大豆アレルギーのある赤ちゃんには、与えないようにしましょう。

→子供の胃腸風邪症状は?下痢はなしで熱や頭痛がおこる?

風邪の時にはお茶を飲もう!オススメは×××が少ない番茶やほうじ茶

風邪による喉の痛みがある時は、お茶でうがいをすると良いと、聞いた事はありませんか?お茶には、カテキンが含まれています。

カテキンには、殺菌作用があります。

飲む時には、緑茶や抹茶より、番茶やほうじ茶がオススメです。

番茶やほうじ茶には、カフェインが少なめだからです。

カフェインを多く含んでいると、身体を癒す時に活性化する副交感神経が、うまく作用しなくなる可能性があります。

温かい番茶やほうじ茶を飲むようにしましょう。

→風邪のひき始めに栄養ドリンクや葛根湯を飲んでも効果はないのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ