風邪を引いて喉が痛い!黄色い痰(たん)と白い痰の違いは×××だった!

風邪をひくと、悩まされるのが咳。

鼻水や熱が治っても、痰がらみの咳がしつこく続くことは、少なくありません。

風邪のひき始めには透明だった痰が、風邪がひどくなるにつれて黄色くなり、不安に駆られたということもありますよね。

風邪がひどくなると黄色い痰が出るのはどうしてでしょうか?喉が痛む時にはどうしたら良いでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

黄色い痰は細菌感染を起こしている証拠

 

tan

空気の通り道である喉。

喉は、空気と一緒に細菌やウイルス、ホコリなどを吸い込む危険にさらされています。

細菌やウイルス、ホコリなどを体内に侵入させないように粘液で絡め取ったのが痰です。

風邪をひくと咳が出ますが、咳も、空気中の細菌やウイルスなどを吸い込んでしまった時に、細菌やウイルスなどを体の外に追い出そうとする防御反応の1つです。

また、咳には、痰を出す役割もあります。

風邪の症状がひどくなり、喉の炎症が進むと、痰の量は増え、粘り気も強くなります。

また、痰の色も黄色くなります。

健康な時にも痰は出ますが、健康な時の痰は無色です。

風邪をひくと、風邪の原因となる細菌やウイルスを白血球が攻撃します。

白血球にやっつけられた細菌やウイルスの残骸は、痰に絡め取られます。

細菌やウイルスの残骸が含まれると、痰は黄色い色が付きます。

黄色い色付きの痰は、喉にまだ風邪の菌が潜んでいる証拠です。

 

スポンサーリンク

▶︎風邪で喉がイガイガ!なかなか治らない場合に効くのははちみつ!

 

風邪で咳や痰が続く時の対処法

黄色い痰には、死滅した細菌やウイルスの残骸がたくさん含まれています。

飲み込むことはせず、できるだけ痰を出して、体を細菌やウイルスから守りましょう。

痰がらみの咳が続き、痰が切りにくい時には、去痰薬が有効です。

痰の濃度を薄め、吐き出しやすくします。

代表的な去痰薬には、ムコイダンや龍角散があります。

薬に頼りたくないという人は、卵白がオススメです。

卵白には去痰作用があります。

卵白は、加熱すると成分が変わってしまうので、生のまま食べるようにしましょう。

塩やみかんの皮の絞り汁を混ぜたお湯をゆっくり飲むのも、効果があるとされています。

咳が続いて喉が痛い時には、次の工夫をしてみましょう。

 

1.湿度の調整。

風邪のウイルスは、湿度を上げると感染力が弱まります。

加湿器で50~60%くらいの湿度を保つようにしましょう。

また、マスクをすると、喉や口の中の湿度を高めることができます。

 

2.咳をする時は、喉を傷めないように、できるだけ小さく細かい咳をするようにしましょう。

 

3.咳が止まらない時やゲホゲホとした咳が出る時には、体力の消耗を防ぐため、咳止めの薬を活用するのも良いでしょう。

 

4.お酒やタバコ、カラオケなどは、喉への負担や刺激になります。

咳が落ち着くまで控えましょう。

 

5.咳で喉が痛む時には、ツボを押すのもオススメです。

鎖骨と鎖骨の間にあるくぼみは、「天突(てんとつ)」というツボです。

天突を下に向かってゆっくり押すと、喉の痛みに効果的です。

 

▶︎風邪をひいた時にオススメの食べ物とNGの食べ物のメニュー比較!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ