風邪の時にお風呂やサウナは大丈夫?効果的な治し方は?

「風邪の時にはお風呂に入ったらダメ‼︎」と、小さい頃から言われている人が、ほとんどではないでしょうか?

西欧では、「風邪をひいたら入浴すると良い」と、全く逆のことを言うそうですし、最近は、医師の中にも、風邪の時にお風呂に入ることを認める立場の人がいるようです。

いったい、どうすれば良いのでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

どうして風呂はダメと言われてきたのか?

bathroom

風邪をひいたらお風呂は控えるようにというのは、実は日本の住環境に応じた風習です。

木造家屋で隙間風が入りやすい。

内風呂の設備が整っている家庭が少なく、お風呂に入るには銭湯に行くのが普通。

家庭にお風呂があっても、戸外に設置してある。従来の日本の住環境は、そのようなものでした。

いずれも、お風呂上がりに湯冷めしてしまう条件です。

風邪の時に入浴を勧めてきた西欧では、石やレンガ造りで隙間風が入らず、お風呂上がりには厚手のガウンを羽織るという生活習慣でした。湯冷めしないという環境が整っていたわけです。

内風呂が普及し、住環境が整備された今日、日本でもお風呂上がりに湯冷めする心配は、大幅に少なくなりました。

そのため、体調によっては、風邪の時にお風呂に入っても問題ないとされるようになりました。

 

▶︎インフルエンザはマスクで防げる?予防の為に感染経路を知っておこう!

 

風邪の時の正しいお風呂の入り方

まずは、入浴しても大丈夫かどうかをしっかりと判断しましょう。

ひとしなみに風邪をひいていると言っても、体調によっては、お風呂に入ったことで、風邪をこじらせてしまう人が出てきます。

上手に入ると、回復を早くすることもありますが、体調の見定めができていないと、風邪をこじらせて、辛い思いをすることになります。

お風呂に入ってもかまわないのは、熱が37°C台の人、嘔吐や下痢・頭痛・めまい・ひどい倦怠感や関節痛などが無い人です。

正しいお風呂の入り方として、心がけたいのは、次の5点。

1.ぬるめのお湯にゆっくりと浸かること。

理想的なのは41°Cくらいとされています。熱いお湯に浸かると、かなり体力を消耗しますので、熱いお湯は避けましょう。

同様の理由で、サウナはオススメできません。

2.入浴する前に、浴室と脱衣所を温めておくこと。

3.入浴後は、体をすぐに拭き、湯冷めしないうちに布団に入ること。

4.洗髪した時は、お風呂上がりに完全に髪を乾かすこと。

5.お風呂上がりには、十分に水分補給をして、脱水状態にならないようにすること。

風邪をひいている時にお風呂に入るには、体を冷やさず、体力を消耗させないことに注意を払うことが大切です。

 

スポンサーリンク

▶︎風邪に効果的な即効性のある治し方は×××!のどや鼻水にも効果的!

 

お風呂に入る3つのメリット

風邪のひき始めには、お風呂に入ると、早い回復につながると期待されています。

お風呂に入ることには、次のようなメリットがあるためです。

1.体全体の血行を良くすること。

筋肉のこわばりを和らげて血管を拡張させるので、鼻詰まりにも有効で、新陳代謝を高める効果があると考えられています。

2.皮膚を清潔に保つことで、発汗作用もスムーズに働き、ウイルスや細菌に対する抵抗力が高まるとされています。

3.入浴して体温が上がると、体は熱を逃がそうとするため、解熱剤よりも、緩やかに体温を下げることができると考えられています。

シャワーでは、体温が上がるほどにはならないため、かえって体を冷やしてしまいます。

風邪をひき始めた時でも、シャワーだけで済ませるというのは、控えましょう。

 

▶︎インフルエンザワクチンをおたふく水疱瘡と同時接種しても良いのか?


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ