風邪をひいた時にオススメの食べ物とNGの食べ物のメニュー比較!

季節の変わり目は、風邪をひきやすいものです。

急な気温の変化に体がついて行かず、弱いところにしわ寄せがきます。

風邪をひいたら、休養が第一と分かっていても、仕事をしていると、ゆっくり休めませんよね。

早く治したい風邪。風邪をひいた時に控えた方が良い食べ物、オススメの食べ物を整理しました。

 

スポンサーリンク

 

風邪の時は冷たいものはNG

kaze

風邪をひくと、熱が出ます。熱を出すことで、体はウイルスと戦っています。むやみに体を冷やすのは、風邪を長引かせることになります。

また、風邪をひくと、胃腸も弱っていますので、冷たい飲み物や食べ物は、食べ過ぎると、下痢を起こしかねません。

水を飲む時、氷は入れないようにしましょう。

アイスクリームなどは、食べ過ぎないことが大切です。

体を温めるものがオススメです。

生姜湯は、体を温め、喉の痛みにも効果があります。

ホットレモンも、ビタミンCが補給でき、体を温めるので、オススメです。

温かい飲み物ではあっても、コーヒーや紅茶はオススメできません。

利尿作用があるためです。

利尿作用があるものを飲むと、風邪の時は脱水症状を起こしかねません。

お茶が飲みたい時には、番茶にしましょう。

番茶には、殺菌作用のあるカテキンと炎症を鎮めるタンニンが含まれています。

番茶を飲むことで、うがいの効果もあります。

 

スポンサーリンク

▶︎風邪の時にお風呂やサウナは大丈夫?効果的な治し方は?

 

風邪の時にこってりしたものはNG

栄養をつけようとして無理にこってりしたものを食べるのは、逆効果です。

脂っこいものは、消化に悪く、弱った胃腸に負担をかけ、風邪を長引かせます。

乳製品も脂肪分が多いので、控えましょう。

消化に良いもの、さっぱりしたものが、風邪をひいている時にはオススメです。

梅干しは、抗菌と整腸の働きがあるクエン酸が含まれています。

おかゆに入れたり、番茶に入れると良いでしょう。

大根おろしに生姜汁を加えると、白血球の働きを高め、免疫力が上がります。

 

▶︎風邪に効果的な即効性のある治し方は×××!のどや鼻水にも効果的!

 

風邪の時に甘い飲み物はNG

甘いジュースなどは、胃で停滞する時間が長くなり、体内での水分補給が遅くなるので、オススメできません。

風邪の時には、十分に水分補給をする必要があります。

飲み物は、お白湯か番茶がオススメです。ポカリスェットにも、けっこう糖分が含まれていますので、お湯や水で薄めて飲むと良いでしょう。

甘い飲み物ですが、甘酒はオススメです。

ビタミンやアミノ酸がたくさん含まれ、点滴と同じくらい栄養があります。

また、甘酒の麹には、整腸作用があります。

甘酒はオススメですが、他のアルコールは、風邪の時は控えましょう。

風邪薬と一緒に飲むと、薬の効き目が悪くなります。

 

▶︎インフルエンザはマスクで防げる?予防の為に感染経路を知っておこう!


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ