食中毒菌の種類と特徴は?潜伏期間や治療方法について!

昨今の食中毒は、

季節を選らばなくなっているような気がします。

 

少し前までは、

6月のじめじめした梅雨時とか、

夏の湿度と気温の高さで食中毒が蔓延するイメージでした。

 

あともう一つ。

新鮮だから大丈夫という信憑性も

問われ始めてきてると思います。

 

スポンサーリンク

 

代表例として生牡蠣などは、

どんなに新鮮であっても当たり外れがあり、

下処理の仕方や、

調理場の環境にもよって、

一概に言えないと思われます。

 

ユッケやレバ刺しなんかも

食中毒の危険性があると言われたのが記憶に新しいですよね。

どんな食品でもゼロリスクではありません。

 

では主な食中毒菌の種類と特徴をいくつかまとめてみました。

 

Alcohol disinfection of infection prevention

 

食中毒の種類について!

 

①サルモネラ菌

低温や乾燥に強く、

家畜、ペットも菌を保有している。

感染から半日から2日の潜伏期間で発熱、

腹痛が見られる。

 

 

②出血性大腸菌O157

非常に毒素の強いベロ毒素を作り、

大腸、血管壁を破壊。

 

脳や神経にも達し、

死亡するケースもある。

感染から2~10日で発症。

腹痛、下痢、血便などの症状が出る。

 

 

③腸炎ビブリオ

100度の熱湯や真水に弱く海水中の泥に潜む。

夏季に集中発生する。

 

感染から8~24時間以内に発症。

激しい腹痛と下 痢の症状。

抗生物質の投与で2~3日で回復

 

 

スポンサーリンク

 

 

④黄色ブドウ球菌

人間の喉や皮膚に生息し、

汚染された食品のもとで毒素が発生。

熱や乾燥に弱い。

感染から3時間以内で発症。

24時間で回復する。

 

⑤ボツリヌス菌

酸素がない状態(缶詰、真空パック)の食品内で増殖。

熱や消毒液にも強い。

感染から8~36時間内に発症。

吐き気やめまい脱力感が出る。

 

 

⑥ノロウイルス

少量で感染。感染力も高く人の手や嘔吐物から感染。

乾燥している状況下で空気感染する。

 

感染から1~2日で発症。

嘔吐、下痢、発熱、腹痛を引き起こす。

 

この他にも、

カンピロバクター菌、

ウェルシュ菌、

セレウス菌、

ナグビブリオ菌、

エルニシア菌等があります。

 

治療は主に、

吐き気止めや整腸剤などを使います。

 

感染しない為には、

消毒、手洗いをこまめにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ