高病原性鳥インフルエンザウイルス(h5n1型)とは?致死率が高い!

高病原性鳥インフルエンザというのは

病原性の高い鳥インフルエンザのことです。

 

致死率が高いために、

高病原性鳥インフルエンザに感染した

鳥の多くは命を落とします。

 

そのため、

これが流行してしまうと

養鶏には大きな損害を

与えることになるでしょう。

 

通常、

人には感染しないとされているのですが、

鳥から人への感染が

報告されているものもあります。

 

スポンサーリンク

 

高病原性鳥インフルエンザの事例

 

自然宿主は野生の水禽類です。

 

宿主からウイルスは

鼻や口、眼、

クロアといった部分から排泄されます。

 

高病原性鳥インフルエンザに

感染している鳥類と直接接触したり、

排泄物や飼料、水、野鳥、ハエ、車両、

資材といったものを介して伝搬されることがあります。

 

influenza2

 

この高病原性鳥インフルエンザに感染してしまうと

臨床症状を示さないで

命を落としてしまう事が多いです。

 

食欲消失や沈鬱、

産卵低下といった症状がみられることがあります。

 

スポンサーリンク

 

近年日本でも確認されている

 

日本で最後に確認されたのは

1925年だったのですが、

近年は毎年のように発生しているため、

危険性が高まっています。

 

通常は、

普通に生活をしている限りは

高病原性鳥インフルエンザに

感染してしまうようなことはありません。

 

しかし万が一高病原性鳥インフルエンザが人から

人へと感染するように突然変異してしまうと、

それによって多くの人に感染してしまい

パンデミックが引き起こされてしまうでしょう。

 

そのような危険な状況となる

可能性は0ではないため、

現在、

色々な機関が

調査や研究を進めています。

 

パンデミックが

起きてしまってからでは

対応としては遅いため、

できる限り予防をして、

事前に対策をすることが重要なのです。

 

そうすることによって、

万が一の状況にも柔軟に対応できるようになります。

 

報道やニュースなどに注目をして、

高病原性鳥インフルエンザに

気にかけるようにしましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ