鳥インフルエンザ!パンデミックの備えや対策は?

鳥インフルエンザが

突然変異してしまうと、

それによってパンデミックが

起きてしまうのではないかと

懸念されています。

 

そのため、

中国をはじめとして

世界各国で

鳥インフルエンザのための備えが

行われています。

 

スポンサーリンク

 

鳥インフルエンザに注意!

 

日本から

中国の鳥インフルエンザ発生地域へ

渡航される方がいる場合には

厚生労働省の方から注意喚起を行い、

不用意に動物に接触することを

避けるように注意されます。

 

鳥インフルエンザの

感染経路は今のところは

不明瞭となっているのですが、

動物から感染してしまう

可能性は0ではないからです。

 

鳥インフルエンザに

感染している鳥に万が一触れてしまうと、

それがきっかけとなって

鳥インフルエンザに感染してしまうかもしれません。

 

そのようなリスクを回避するためには、

動物に気軽に触れないことを

徹底することは重要です。

 

influenza5

 

また中国の発生地域から

日本に帰国した時に

万が一発熱やその他の症状が出た場合には

すぐに検疫所へ行くべきでしょう。

 

体調が悪い状態のまま空港を出てしまうと、

万が一感染していれば

大変なことになってしまいます。

 

国内の医療機関では、

鳥インフルエンザの疑いのある

患者を診察した場合に、

すぐに保健所へ

連絡をすることがお願いされています。

 

そうすることによって、

いち早く状況を把握して、

適切な対応が取れるからです。
このように日本国内では

万が一パンデミックが

起きてしまわないように

色々な備えが行われています。

 

スポンサーリンク

 

もし鳥インフルエンザが

流行している地域へ行くことがあるならば、

鳥類に触れたり近づいたりしないでください。

 

こまめに手を洗う用にして、

咳に関するエチケットを守るようにしましょう。

 

また、そもそもよほどの理由がない限りは

中国で鳥インフルエンザが

流行している地域を訪れない方が良いでしょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ