H7N9鳥インフルエンザ!中国でパンデミックの可能性も!

H7N9鳥インフルエンザは

中国でパンデミックになってしまう

可能性があるとして

警戒されています。

 

通常、

H7N9鳥インフルエンザには

人から人へと感染する

能力が備わっていません。

 

スポンサーリンク

 

鳥インフルエンザウイルス

 

ウイルスというのは

突然変異を起こすことがあるため、

それによって、

人から人へ感染する能力が生じてしまうと、

それによってパンデミック、

つまり世界的大流行が

引き起こされてしまうかもしれないのです。

 

突然変異をした

インフルエンザウイルスとは

新型インフルエンザのことであり、

日本でも問題となっていることが多いです。

 

H7N9鳥インフルエンザは

2013年の3月に人に感染して、

これまでに571人が感染しており、

212人が亡くなっています。

 

このように非常に危険なウイルスであり、

きちんと研究を進めて、

地理的拡大を防ぐための

措置を講じる必要があるのです。

 

influenza7

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N403IV6K50XY01.htmlより引用

 

中国政府が国民に対して

鶏と直接接することのリスクについての

警告を発したところ

一時的に収束したのですが、

それから再び感染が

増加するようになりました。

 

2015年の3月時点でも、

H7N9鳥インフルエンザの

リスクは変わっておらず、

中国の近隣諸国である

日本にとっても他人ごとではありません。

 

H7N9鳥インフルエンザが

人に感染したとしても、

そこから感染が広がらないのであれば

それほど危険性はありません。

 

スポンサーリンク

 

人に感染したら非常に危険

人から人へと感染してしまうと、

これは通常のインフルエンザウイルスと

同等の能力を持つことになってしまうため、

非常に危険なのです。

 

感染源は今のところ不明であり、

本当に鳥類に接したことによって

感染したのかも分かっていません。

 

現在では感染経路や

感染源を特定しようとしている

段階なのです。

 

したがって、

これからもH7N9鳥インフルエンザについての

新しい情報が出てくると

思われるため、

情報収集をきちんと行いましょう。

 

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ