はしかの予防接種と避妊の関係性について!

麻疹は数年おきに流行する年があり、
過去に予防接種を受けたことのある方でも、
ひょっとしたら抗体が弱まっている可能性があるため、
安心できません。

スポンサーリンク

はしかの予防接種

きちんと予防接種を受けることによって、
はしかに感染してしまう
可能性を0にすることができます。

妊娠

 

はしかを防ぐための
最も有効な方法はワクチン接種であり、
数千円の費用を支払い、
病院で注射をしてもらうだけでいいため、
ほとんど手間がかかりません。

はしかに万が一感染してしまった
リスクを考えれば、
ワクチン接種は必ず受けておくべきでしょう。

特に子供の頃に
一度しかワクチン接種をされていない場合には、
大人になってから
二度目のワクチン接種をするべきです。

ただし、
女性の方はワクチン接種を受ける際に
注意するべきことがあります。

基本的に妊婦は
ワクチン接種を受けることが
できないからです。

そして、
ワクチン接種をした後でも、
数ヶ月間は避妊をして
妊娠を避けるべきです。

ワクチン接種というのは
弱まったウイルスを
体内に注入することであり、
体内でウイルスが
感染している状態になります。

この状態で妊娠をしてしまうと、
胎児に何らかの影響を
与えてしまう可能性があるため、
避妊をすることが大切なのです。

スポンサーリンク

 

妊娠とワクチンの関係

ワクチン接種を受ける時には、
これから妊娠の
予定がないときにしておくべきです。

子供のことを第一に考えるべきならば、
予防接種を受けた後は
必ず二ヶ月以上は避妊を続けるべきです。

大したことないだろうと
考えては絶対にいけません。

母親がそのような
無責任な行動を取ることによって、
お腹の中にいる
子供に辛い思いをさせてしまうのです。

二ヶ月程度避妊を続けることは
決して辛いことではないでしょう。

リスクを極力避けて
元気な赤ん坊を産むためにも
上記のことは気をつけましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ