三日はしかの免疫や予防接種について!感染症の原因はコチラ!

三日はしかは風疹のことであり、
過去にこの病気にかかったことのある方は
体の中に免疫ができているはずです。

スポンサーリンク

三日はしかの症状と感染

免疫のある方は予防接種をする必要はなく、
仮に体内に風疹のウイルスが侵入したとしても、
抗体がそのウイルスを退治してくれます。

Kind mit Windpocken / Wasserpocken

三日はしかは子供の場合は
かかったとしても症状が軽いため、
知らないうちに感染してしまい、
それによって免疫力ができているというケースもあります。

基本的には一度感染すれば、
その人は一生風疹にかかることはないとされています。

しかし、
まれに過去に感染したことがあったり、
予防接種を受けたことがあるにも関わらず、
抗体が弱まっているケースがあります。

この場合は風疹に感染してしまうと、
症状が出てしまう可能性があるため、
気をつけましょう。

スポンサーリンク

風疹ウイルスの交代について

感染症が起きてしまう原因としては、
体内にウイルスが侵入して、
それが細胞に感染して体内で増殖を始めるからです。

体内に侵入すると必ず感染するわけではなくて、
抗体があればそれによって対処しますし、
抗体がなかったとしても
人間の体に本来備わっている力によって
ウイルスをやっつけることができます。

しかし、
体が弱まっている時には
免疫力が低下しており、
この場合、
抗体を持っていない
人の体の中ではウイルスが次々と増殖してしまい、
その症状を出してしまうことになります。

感染症を防ぐためには、
常に体調管理をしっかりとして、
自分の体を元気な状態に保つことが大切です。

風疹ウイルスが流行している場合には、
いたるところにウイルスが
蔓延している危険性があるため注意しましょう。

ただし、
風疹の場合は予防接種を受けてしまえば、
どんなにウイルスが
流行していたとしても安心できます。

自分の体の中に
風疹ウイルスへの
抗体があるのかどうかを
確認しておきましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ