三日はしか大人の症状は?はしかとの違いは?

三日はしかというのは
風疹のことであり、
はしかとよく似た症状を
引き起こすことがあります。

子供から大人までが
感染する可能性があるため、
気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

風疹ウイルスの特徴は?

 

風疹ウイルスに
感染することによって
引き起こされるものであり、
主な症状としては発熱や発疹、
目の充血、
リンパ節の腫れ、
せきなどがあります。

 

予防接種

 

感染初期は風邪のような
症状が出るために
風疹であることに
気がつかないケースがあります。

基本的にこれらの症状は
数日程度で治まってしまうものであり、
一度かかったことのある方は免疫ができます。

はしかとの違いとして、
症状が比較的軽く発疹ができたとしても
数日程度で消失してしまい、
そのあとは残りません。

風疹ウイルスに
感染している患者のせきや
くしゃみなどから感染してしまうことがあります。

過去に大人の間で
多く流行するケースがあるため、
注意しましょう。

感染が流行してしまった原因としては、
ワクチンを摂取したことがなかったり、
ワクチンの効果がなくなってしまった
というケースがあります。

子供の場合は風疹に
かかったとしても症状は軽いのですが、
大人が感染してしまうと
子供よりも長期間感染が続いてしまうことになります。

特に妊婦さんが感染してしまうと
お腹の中の子供にまで
影響を与えてしまうため気をつけましょう。

風疹にかかってしまうと
特効薬がないため自然治癒に任せることになります。

もし風疹になってしまったのであれば、
他の人にうつしてしまわないためにも
外出を控えるべきでしょう。

 

スポンサーリンク

 

予防接種の重要性

風疹を予防するためには
きちんと予防接種を受けておくことが大切です。

費用は自己負担となっていますが、
それほど高額ではないため気軽に受けられます。

成人男性や妊娠を予定している方は
積極的に受けておくべきでしょう。

ただし、
妊娠した状態では予防接種は受けられません。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ