三日はしかと突発性発疹について!

三日はしかと
呼ばれている病気がありますが、
これは実は風疹のことです。

スポンサーリンク

三日はしかの症状は?

風疹ウイルスが
感染することにより
引き起こされる急性感染症であり、
通常は麻疹と比べると
軽症であることが多いです。

ばい菌とウィルス

ただし、
三日はしかでもまれに
脳炎や血小板減少性紫斑病といった
病気を合併してしまうことがあります。

また、
妊娠の初期の三日はしかに
感染してしまうと、
それが影響して
先天性風疹症候群の
赤ちゃんが生まれてしまう
可能性が高くなるため気をつけましょう。

麻疹や水痘よりは
伝染力が弱いとされていますが、
患者の飛沫から
感染してしまうことがあります。

潜伏期間が
2週間から3週間程度あり、
その後、
発熱と発疹が現れるようになります。

発疹は3日程度で消失してしまい、
麻疹のようにあとが
残ってしまうことがありません。

このような特徴から
三日はしかと呼ばれるようになりました。

スポンサーリンク

突発性発疹について

突発性発疹とは
生後半年から
1年程度の小児が
よく感染してしまうことの
多いものです。

ヒトヘルペスウイルスが
感染することにより
生じてしまいます。

多くの子供が
三歳になるまでに
このウイルスに感染してしまいます。

症状としては
39度ぐらいの熱が数日続き、
解熱するとともに
全身に発疹が見られるようになります。

発疹は数日で消失するのですが、
これ以外の症状として下痢があります。

鼻水やせきが生じることもあるのですが、
通常呼吸器症状はあまり見られません。

予後良好であることが
多いのですが、
まれに肝炎や脳炎を併発することがあるため、
症状が重い場合には
かかりつけの医師に相談をしましょう。

三日はしかや
突発性発疹は
麻疹と区別が
つきにくいケースがあるのですが、
基本的にそれほど
重症化することはありません。

不安のある方は医師の診断を受けましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ