風疹とはしかの違いは?水ぼうそうとは何が違うのか?

子供がかかる可能性のある病気の中でも
症状の区別がつきにくいものとして、
風疹とはしかがあります。

風疹というのは
三日はしかと呼ばれることがあるぐらい、
はしかと症状がよく似ています。

スポンサーリンク

細かい症状の違いについて

三日と名付けられているように、
その症状ははしかよりも弱く、
症状が続く期間もはしかよりも短くなっています。

Kind mit Windpocken bei Kinderarzt

風疹は発疹ができるのですが、
それははしかと比べると小さなものであり、
発疹が治るとあとは何も残りません。

一方、
はしかの場合は発疹が消え去った後に
そのあとが残ってしまうのが特徴となっています。

このように、
風疹とはしかには
症状の細かい点が異なっているため、
その違いをきちんと理解している方ならば、
区別をつけることが簡単にできるでしょう。

それでは、
風疹やはしかと水ぼうそうには
どのような違いがあるのでしょうか。

水疱瘡とは水痘と呼ばれることもあり、
ウイルス性の病気です。

皮膚に水疱が生じて、
この中にウイルスが含まれているため、
これがつぶれてしまうと
空気中にウイルスが蔓延してしまいます。

9歳以下の子供によく見られる病気であり、
2週間程度の潜伏期間の後に
全身に紅い発疹が現れるようになるのが特徴となっています。

成人の場合は、
発疹が出現する前に発熱や倦怠感が
伴うケースがあります。

スポンサーリンク

はしかと水ぼうそうの違いについて

はしかの場合は
水ぼうそうとは異なり
水疱ができることはないため、
違いを理解しやすいでしょう。

医師に診断をしてもらうことによって、
確実に自分がどんなウイルスに
感染しているのか教えてくれるでしょう。

水ぼうそうに関しても
風疹やはしかと同様に
ワクチン接種を受けることができるため、
きちんと予防しておくと安心です。

子供には色々な
ウイルスのワクチンを受けさせておいて、
これによって子供が病気になるのを防げます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ