麻疹の予防接種!病気にかかる時期はいつ頃?

麻疹は
子供から大人まで
感染する可能性のある
怖い病気であるのですが、
きちんと予防接種をしていれば安心です。

スポンサーリンク

ウイルスの病気はワクチンで対応が可能!

麻疹に関わらず
ほとんどのウイルス性の
病気に関してはワクチンを
摂取することにより、
体内に抗体を作ることによって、
感染を防ぐことができます。

Vaccination

ワクチンというのは
ウイルスを弱めて
人体に害を与えないようにしたものですが、
これにより抗体を
体の中に作ることができます。

そして、
一度抗体が作られれば、
同じウイルスが体の中に
侵入してきた時に、
その抗体が反応することによって、
病気を防ぐことができるのです。

ただし、
抗体はそのウイルスとの
接触がなければ長い期間経過すると
抵抗力が弱くなってしまうケースがあります。

したがって、
子供の時に麻疹に
かかったことがあったり、
ワクチンを摂取していたとしても、
大人になってから
再び感染することがあるのです。

麻疹は毎年初春から
初夏にかけて患者の数が
増えているという傾向があります。

また、
年によって流行に波があり、
年によってはかなり麻疹が
流行している時もあります。

麻疹は飛沫感染や空気感染するため、
麻疹が一度流行してしまうと、
感染した人から
他の人にウイルスが
どんどんうつってしまう可能性が高くなり、
広範囲に感染が広がってしまいます。

麻疹が流行する原因の一つとして
近年では集団として
麻疹ウイルスへの免疫力が
低下している可能性が指摘されています。

スポンサーリンク

抗体検査のススメ!

免疫のない人が
増えると麻疹に感染する人が増えるため、
それをきっかけとして
どんどん流行してしまうのです。

心配の方は
きちんと病院へ行って
抗体検査をしてもらい、
自分に麻疹に対する
免疫力があるのかどうかを
確かめましょう。

問題のある場合には
きちんとワクチンを
摂取してもらうべきです。

そうすれば麻疹に
かかるリスクを抑えられます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ