RSウイルス感染症での入院の目安!日数と料金は!?

秋から冬にかけての時期に流行する
RSウイルス感染症にかかってしまうと、
場合によっては入院治療が必要となります。

スポンサーリンク

多くの患者は重症化せず入院をしないでも
数日から1週間で軽快するのですが、
重症化した場合は入院をして治療に専念します。

呼吸困難となってしまう症状があるため、
この場合は入院をしないと
とても苦しい状態になってしまいます。

RSウイルス感染症での入院について

病院に入院したとしても、
特別な治療を受けるわけではないのですが、
酸素を吸引してもらえるため楽になります。

RSウイルス感染症 入院

http://www.pref.aichi.jp/eiseiken/67f/rs.htmlより引用

入院日数に関しては、
大体1週間前後はかかることが多く、
長引くとそれ以上入院しなければいけないケースもあります。

子供の場合はきちんと全快して
症状が出なくなるまで入院を続けることが多いです。

高齢者の場合も、
念のためちゃんと症状が回復して、
元気な状態になるまで入院をすることになるでしょう。

基本的に医師と相談をして
いつ退院するのかを決めることになり、
軽快した段階で退院することもあります。

しっかりと治してしまってから退院する方がよいでしょう。

スポンサーリンク

RSウイルス感染症での治療費について

治療費に関しては、
乳幼児の場合は負担する必要がないため、
入院費用としては
個室料金や食事代といった部分の
負担だけで済みます。

また、乳幼児以外に関しても
保険が適用されるため、
治療費の負担は数千円程度となるでしょう。

入院費に関しては、
乳幼児の場合個室料金は無料であることが多く、
食事代の負担だけとなります。

乳幼児以外の場合は、
個室料金として一日に5千円程度の
お金が必要となるでしょう。

RSウイルス感染症の場合は、
他の入院患者にウイルスを感染させないためにも、
部屋は個室となります。

保険適用されるため、
入院の料金に関してはあまり気にする必要はないでしょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ