RSウイルス感染症の大人や成人の症状は!

RSウイルス感染症は乳幼児が
発症することが多いのですが、
大人や成人でもかかってしまう可能性があります。

どのような年齢層であっても
上気道炎と下気道炎を引き起こしてしまうため、
注意しましょう。

スポンサーリンク

死に至る場合もあるRSウイルス感染症

特に高齢者の場合は
下気道感染を引き起こしてしまい、
それによって入院が必要となったり、
死亡してしまうこともあります。

hospital

成人に関しては基本的には
自然軽快すると考えられています。

ただし、免疫力が衰えている高齢者の場合は、
乳幼児の場合と同じぐらいの危険性があることを
認識しておくべきでしょう。

たとえば、高齢者のRSウイルス感染は
インフルエンザと同程度の危険があると考えましょう。

入院が必要となる症例としては、
発熱や呼吸困難といった症状
出ることが多いです。

ただし、
これらの症状だけで
RSウイルスに感染したのかどうかを
判断することは難しいです。

成人の場合は鼻から
RSウイルスが感染するケースが多く、
風邪のような症状でおさまることがほとんどです。

ただし、
まれに気管支炎を起こしたり、
肺炎になるケースもあります。

この場合は38度以上の発熱が
数日間続いてしまうため、
安静にしておかなくてはいけません。

スポンサーリンク

症状が酷い場合は医者に早めの診断を!

あまりにも症状が酷い場合は
きちんと医者に診断してもらい、
そこで初めてRSウイルスに感染していることが
分かる場合が多いです。

検査の方法は
インフルエンザの場合と同じように
鼻に綿棒を入れて、
それに試薬を使って検出します。

大人や成人の場合は
それほど恐れる必要のある
感染症ではないのですが、
ごくまれに重症化するケースも見られます。

また、
子供のいる家庭で看病をしている際に
感染してしまうケースも考えられます。

RSウイルス感染症のような症状が
見られる場合にはすぐに医者に診てもらいましょう。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ