RSウイルス感染症に感染したら病態はどうなるか!?

RSウイルス感染症は、
一生を通じて感染を繰り返しています。

成人が感染しても
通常は普通の風邪のような
症状が出るだけのことが多いですが、
乳児・小児が初めて感染した場合、
重症化しやすいとされています。

スポンサーリンク

RSウイルスを初めて感染した時

初感染したときの症状は、
軽いものでは風邪様の症状から、
気管支炎
細気管支炎や肺炎といった
重篤な症状となることもあります。

sick child holding medicine on the bed

生後1年以内の乳児のうち、
7割近くがRSウイルス感染症を発症し、
その3割が細気管支炎
肺炎などの下気道疾患を起こします。

特に生後数週間~数ヶ月間の乳児期早期に
RSウイルスに初めて感染した場合には、
細気管支炎、
炎といった重篤な症状を引き起こすことがあります。

生後2年以内にほぼ100%の子どもが
RSウイルスに感染すると言われています。

RSウイルスの潜伏期間は2~8日、
典型的には4~6日です。

スポンサーリンク

RSウイルスの病態について

RSウイルスの病態としては、
初期症状としては発熱や、
鼻水、咳などの上気道炎症状から始まります。

多くは軽症で済みますが、
小児などで重症化する場合、
上気道炎症状が数日続いた後に、
咳がひどくなったり、
ゼイゼイ・ヒューヒューといった喘鳴が出たり、
呼吸困難などの症状が出現したりし、
場合によっては、
細気管支炎、肺炎へと悪化していきます。

咳が続いたり、
悪くなったりするようであれば、
細気管支炎や
肺炎などの下気道疾患に
重症化している可能性があります。

重篤な合併症として注意が必要なものには、
無呼吸発作、
急性脳症などがあります。

無呼吸発作は
突然死に繋がることもあります。

通常7~12日で
直るとされていますが、
重症化した場合は
3~4日の入院で
改善してくることが多いようです。

RSウイルスの活動性は、
子どもの細気管支炎や
肺炎などの下気道疾患による
入院数の増加と一致するとされています。

また、高齢者においても
重症化するリスクは高くなることが知られており、
グループホームなど、
長期療養施設内での
集団発生が問題になることが指摘されています。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ